犬山祭り

5月の第一週は犬山の一代イベント”犬山祭り”
今年は晴れました!!
去年は雨や強風で山車がでなかったりで残念でしたが、
今年は2日とも無事山車を見る事ができました。

 

こちら星月夜のある下本町地区の山車
下本町の法被はギンガムチェックの上下でなんだかお洒落

 
夜の下本町の山車もまたまた良いんです
犬山の山車は今でも蝋燭の火で提灯を灯すので、
その明かりがゆらゆらゆらめく様は本当に美しいです

 


他にもめずらしいのがこの舟形山車

 
こちらもきれいでした

 
山車も本当に美しくこんなきれいな形で、しかも蝋燭の明かりでなんて
なんて美しい祭りなのだろうと感動しました。
なによりこのお祭りの時、犬山の皆さんが本当に楽しそうに、
また誇らしげに歩く様がとても素敵でした。
また来年もこのお祭りが見れますように、、、と、
お天気に感謝しました。

 
staff 里奈

田植え

 6月のある日のことですがお店をお休みさせていただいて、

田植えをしました。

親しい人たちに声をかけ、

大人12人と子供5人の総勢17人、集まってくれました。

中には数日前にヒッチハイクしていたところを拾ったスペイン人とイタリア人のカップルも。

この二人世界をまわっていて、このときちょうど日本にいました。

この二人の話はまたこんど。


お天気にも恵まれたこの日、

朝8時30分に集合。



稲は <あいちのかおり>。



早速田んぼへ。

初心者も多い今回、まずはしっかりと説明を聞き、田植えが始まりました。



手植えです。外国人の二人も楽しんでます。



子供達は、カエルやザリガニに大はしゃぎ。



大人達は午前中になんとか半分以上植えようとがんばり、

お昼ごはんの時には半分以上植えられました。

そして終盤。



あと一息!!



終盤みんなの疲れが出始めた頃、

頼もしい助っ人登場!!

加藤の大親友が颯爽と自転車で現れ、

田植えをめちゃくちゃ楽しんで、盛り上げてくれました。



そして無事、誰もケガなく、田植え終了!




こうして、子供も大人も、

日々自分たちが食べているものがどのようにして出来ているか知ることが出来れば、

それを食べられる喜びをより感じ、

食べ物、生産者、自然、すべてへの感謝を感じられることと思います。



こうやってこれからも出来る限り多くの人と、

その気持ちを分かち合える場を作っていきたいと思っています。




最後に。

参加者の皆さん。

暑い中、本当におつかれさまでした。

みんなで植えた稲はすくすく育っています。

次は稲刈りです。

次は収穫の喜びと感謝をみんなで分かち合いましょう。

ありがとうございました。



staff  里奈



クレソン摘み

 今日はお店の閉店後、急ぎ足で片付けをすませ、

本日お越しいただいたお客様に教えていただいたクレソンの群生地に行ってきました。


といっても、私の家から徒歩3分。

なんとそんなところに、クレソンが群生していたのです!

教えてもらった時の私はとにかく目を輝かせていたとおもいます。(笑)

N様、どうもありがとうございます。


そして4月からの新スタッフのあだっちゃんを誘って、

いそいそとカゴを片手に長靴はいて出動。

川に降り立った瞬間、うわ〜〜〜い!!と二人で大興奮。

クレソンいっぱい!

夢中で採取。



二人でカゴにいっぱい採らせていただきました。




そして美味しいクレソンが手に入ったので、

お互い今夜の夕飯をあーでもないこーでもないとぶつぶつ話し帰路につきました。


きっと今夜はお互いにクレソン料理が食卓に並んだでしょう。



自然に感謝。


スタッフ 里奈

野良仕事の休日

 blogの更新をまたまたおさぼりしてしまいました。

あっと言う間に、もう桜も終わりですね。
今年はお花見出来なかった・・・残念。
我が家の近くもいくつかのお花見スポットがあり、
毎朝お店へ向かう途中、はぁ〜〜っとうっとりして
通りすぎていました。

ぼ〜っとしていたら春が通りすぎてしまいそうなのですが、
今年は畑&田んぼをやりたいので、春を逃してはいけないのです。

今週のお休みは野良仕事のための休日でした。

昨年8月に犬山に引っ越して来てから、
こちらでも始めたかったお米作り。
ようやくお借りできる田んぼがみつかったので、耕しに行きました。

俊介さんは奈良でお米作りを学んできているので手慣れた様子で
田んぼに入って行きます。
私は見学のみ。
春の陽気で本当に気持ちのいい一日でした。





そして次の日は我が家のすぐそばに借りている畑へ。
朝から種まき。
新月の日の種まきなので、ちょっとそこが心配ですが、
元気に育ってくれるといいな。

お友達にたくさん分けていただいた種たち。
色んな品種を蒔いてみました。

にんじん 4種
かぶ 3種
トマト 3種
キュウリ 1種
カボチャ 1種
ズッキーニ 1種

蒔き始めると、一つ一つの種に急に愛情が湧いてくる。
一つの乾いた種が、大地と太陽と水と力を合わせて、沢山の実をつける。
たくさんのものにたくさんの感謝。

明日の朝から、畑に水をあげにいくのが楽しみです。


我が家の畑はパーマカルチャーのキーホール菜園にならって作ってあります。
その向こうには、ジャガイモ3種。
畑のはじっこには、栗、柿、無花果、梅、花梨の木とともに、ブルーベリー3種が植えてあり、実がなるのを心待ちにしているところです。


いいところに越して来たなぁと、あらためて感じます。
自然もあふれているし、周りの方も良い方ばかり。

みなさん、いつもありがとうございます。

またお野菜が出来たら一緒に食べましょう。



staff 里奈

スパイスジャーナリスト現る!

 先日のこと。

スパイスジャーナリストの肩書きを持つカワムラさん(THALIさん)が、

大阪から取材に来てくれました。


カワムラさんと加藤は2009年の月の庭13周年の際に、

一つの皿の上でお互いの料理でコラボしたのが出会いでした。


そのカワムラさんが今回は、メープル・ピープルという

メープルシュガーの会社『メープルファームズジャパン』のHP内の

職人味術館』で星月夜・加藤俊介を取り上げてくださるとのことで

大阪よりお店のOPEN前に取材に来てくださったわけです。


カワムラさんと加藤の会話を、

私はそばでそわそわしながら聞いていただけではありますが、

カワムラさんの話がすごく面白くて、取材というより

カワムラ劇場を見に来ているかの気分になっていました。


さすがは大阪人!切り返しや突っ込みがすかさず入ります。

そして知識人!話題も豊富で、お話きいてて本当に面白かったです。

どんな風に書いてくださるのだろう。

いまからとても楽しみです。

職人味術館(しょくにんみじゅつかん)



そして、そして

そんなカワムラさん。

なぜ、スパイスジャーナリストなのかって?

それはですね、カワムラさんは「Spice Journal」(日本初!?のスパイス専門誌「スパイスジャーナル」)

という本の主宰、編集長を務めてみえるからなのです。


この本がまた面白い!!


スパイスのことが本当に詳しく紹介されていたり、

おいしいスパイス料理のお店の紹介あり、

面白いマンガありで、

そしてなんと全ページが日本語と英語の記載!!

外国の方にも喜んでもらえてるそうです。




私は文があまり得意ではないので、うまく表現できなくて残念ですが、

まるでカワムラさんの話をその場で聞いているかのような、

カワムラさんらしい本なのですよ(当たり前か)。

ようはカワムラさんが面白いってことは本も面白いんです。



お近くの書店で見つけたらぜひ手に取って見てみてください。

ジュンク堂や、京都の恵文社一乗寺店にも置いてあるそうです。

そして年間購読の方にはスパイスがついてくるのですよ!

ぜひHPも見てください。

Spice Journal(スパイスジャーナル)


そしてカワムラさんのスパイスが買えるのがこちらのサイト

club THALI(クラブターリ)



こちらが後日我が家が注文したclub-THALIのスパイス




というわけで、星月夜・加藤の取材のお話とカワムラさんの紹介でした。



カワムラさんとは取材の次の日、

私たちの用事でそのまま一緒に志摩まで出かけましたが、

それはまた後日...



staff 里奈

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

search this site.


© ホシヅキヨ All Rights Reserved.